LEATHER WORK
 


 
  
裁断

主に革包丁を使用して、一枚一枚裁断を行います。

革の厚さの調整は、専門の革漉き職人さんに依頼して
おります。
使い易さを追求するためにパーツ毎によって
コンマ数ミリで厚さを調整しており、そのため専門の
革漉き職人さんが行っております。


 
穴あけ     

糸を縫うために菱目打ちという道具を使って穴を
あけていきます。
長年の経験から真っすぐに打つことができ、さらに
縦横などの交差する部分は穴の数を計算し正確に    
重なるようになっています。
見た目の美しさにこだわっております。  
  


 
  
縫い     

すべて手縫いで仕上げます。
負荷がかかる部分には2重縫いし、
強度を高めています。
手縫いは一つの目に対して両側から引っ張り込ま          
れ糸が食い込むため糸切れがしにくくなります。
糸切れの場合ミシン縫いは切れた箇所から徐々に   
糸切れが拡がってしまいますが、手縫いの場合は       
自分で抜いたりしない限りはほぼそれ以上の
拡がりは見られません。

 


 
ヘリ落とし

仕上がりを美しくするために、専用の道具を使って        
角を落としていきます。厚すぎず薄すぎず、
美しくみせるためにヘリを落とすのは長年の経験と     
技術が必要です。
  


 
  
コバ磨き

縫い合わせたコバを、ヤスリやドレッサーで
整形していきます。
そして、トコノールを塗りウッドスリッカーを
使い磨いていきます。
コバが滑らかになり艶がでるまで繰り返します。
コバ磨きは、ハンドメイドの中でも重要な工程で
大変技術を要します。
時間をかけ丁寧にコバ磨きを行うことによって
1枚の革に見えるように美しくなり耐久性も増します。

 


 
捻引き

捻引きと言い各所端の部分に線を引くことにより、
見た目が引き締まり大変美しく見えます。
また各所端の部分に線を引くことにより、革が締まり  
強度を増す効果もあります。